岐阜市の訪問マッサージで介護の手助けを!

私のおばあちゃんは現在寝たきりの生活を送っています。
何年か前に脳梗塞を発症し、倒れてしまいました。幸い命に別状はなかったのですが、後遺症が残り麻痺が残ってしまいました。それを機に動くことが困難となり、関節も拘縮してしまっています。
拘縮とは、簡単に言うと「関節が固まって動かなくなってしまった状態」のことをいいます。主に肩関節、肘関節、股関節、足関節に多くみられるそうです。
うちのおばあちゃんは特に股関節の拘縮が強く、自宅で介護をしている母親はおむつ交換や着替えにとても苦労していました。私も手伝うことがあるのですが、うまく足が広げられなかったり、思うように体が動かせないため、着替え一つするにもとても時間がかかります。
こんな介護生活をしていたらこちらの体が先に参ってしまいそうだと思いました。
そこで何かいい方法がないかと思い調べてみることにしました。そこで岐阜市で気になったホームページがありました。
それは「訪問マッサージ」という自力では治療院などに通えないうちのおばあちゃんのような患者さんのところにマッサージ師の先生が訪問してマッサージをしてくれるところなのです。
無料体験があるとのことでお願いしてみることにしました。
拘縮の予防や改善を目的として、マッサージと関節可動域訓練をしてもらえるそうです。
まずはマッサージをしてくれました。関節周囲の血行をよくし、硬くなってしまった筋肉を柔らかくするそうです。
私たちも以前から足をマッサージしたりしていたのですが、やはりプロは違いますね。おばあちゃんはとても気持ち良さそうで寝てしまいそうになっていました。マッサージもただ揉むだけでなく擦ったり、軽く押したり、マッサージをする場所によって色々変えてくれていました。
次は、関節可動き訓練をしてくれました。初めてなので軽めにやってくれました。
関節を先生が動かしてくれ、関節の動く範囲を確保してくれました。
先生がおばあちゃんの足を支えながら、おばあちゃんが自分で足を曲げ伸ばしする訓練では、筋力の強化も期待できるとのことでした。
いつも「自分で動けるようになりたい」と言っているおばあちゃん。訪問マッサージをずいぶん気に入ったようなのでおねがいしようと考えています。

岐阜市で介護の手助けをしてくれる訪問マッサージひまわり!

http://hoken28.com/

コメントは受け付けていません。