仮面うつとは?

うつ病には、色々な「鬱」の種類があるそうです。その中のひとつで【仮面うつ】という特に気づかれにくいうつ病です。またうつ病でありながら、精神症状以外の「身体的症状
」が現れるケースがあり主な症状として、睡眠障害・疲労・消化器症状(下痢、便秘、食欲不振)などかあげられます。体の不調の症状の方が目立って気分の落ち込みなど精神面の症状がその陰になって見えにくいうつ病です。仮面うつで最も注意が必要なのは、不眠や頭痛などの身体症状に気をとられて、その後ろに隠れている、本来のうつ病を見逃してしまうケースが多いということです。患者様ご本人が、うつ病だと気づいてないことが問題なんです。ですので身体症状の改善がみられない時や症状が回復せず続くようであれば、一度神経科や精神科で診断を行うようにしてください。そしてうつ病と分かれば、早期治療とリハビリをはじめてください。

コメントは受け付けていません。