2013年2月 のアーカイブ

糖分のとりすぎ?

2013年2月2日 土曜日

砂糖の摂り過ぎでうつ状態になる? というのは本当かもしれません。これはアメリカのミネソタ大学が行った研究によると、糖分を摂りすぎると脳内のBDNFという化学物質の分泌量が減少して、身体や脳に悪影響を及ぼすことが判明したそうです。ミネソタ大学の研究者は「過剰に糖分を摂取すると、脳に満腹のサインを送る脳内化学物質のオキシトシンの活動を弱めてしまうのです」と言っており、これが肥満や糖尿病にもつながるとしています。ケーキを食べても幸せを感じない私は甘い物があまり好きではありません。別腹もありません。日本も食の欧米化が進み、日常的に甘い飲み物やお菓子を食べているひとはこれより多くの量を摂取していることになります。別腹は怖いです!もちろん糖分は必要な栄養素ですが、摂り過ぎると肥満だけでなく脳へも影響してしまうのは本当ビックリですね。糖分は果物や穀物にも含まれている栄養素です。問題なのは、これらに加えて加工食品から摂取する糖分が黒幕。食べた量は少しでも、そのなかには驚くほどの砂糖が使用されているんですよ。例えば、板チョコ1枚は約27gの上白糖が使われていますし、150mlコーラには約40gも使われています。虫歯にもなりやすいはずですね。とりすぎには注意です。それと疲れた時に甘いものを食べると疲れが楽になるといわれていますが、一過性のものであまり関連はなさそうです。