2013年1月 のアーカイブ

日本人とアメリカ人の違い

2013年1月5日 土曜日

日本人のうつ病にかかる人は、アメリカの三倍だそうです。アメリカ人の方が多いかと思っていました。うつ状態になった際、「病院に行く」と答えた人は米国のほうが多く(日本:16.5%、米国:38.6%)、日本では「気晴らしに趣味などに打ち込む」と答えた人が多かった(日本:71.8%、米国:55.4%)。日本人はうつ症状を誰かに相談するよりも自分で解決しようとする傾向にあるみたいです。何だかわかる気がします…それが医療機関への受診率の低さにつながり、うつ病の潜在患者数の多さ(うつ症状を有する対象者の出現率の高さ)という結果を引き起こしていると思われています。アメリカ人はセラピーに関する事がオープンであり、反対に日本人はメンタルセラピーに関して、自分が通うことに抵抗を持ってる感じもします。世間体をいい意味でも悪い意味でも優先させる、日本人。お国柄と言えばそれまでなのですが、近年 うつ病から自殺を選ぶ人も増えてきてるので、自殺大国にはなってほしくないです。日本ももう少しセラピーに関してオープンになってくれるといいのですがね。