2012年11月 のアーカイブ

うつ病のリハビリ

2012年11月24日 土曜日

うつ病のリハビリは、始めるタイミングが必要です。いくつか期が分かれていて初期ではなく、少し安定してきた時期に始めるのがいいとされています。うつは今や15人に1人がかかる病といわれていて、自分もいつそうなるかがわからないですね。がむしゃらに頑張るのもたまにはいいですが、ほどほどに頑張った方がいいと思います。うつ病の時は 死に対しての概念を抱きがちで、体力的に元気なら 実行してしまいかねないと思います。鬱がひどい時は反対に、体力的にもやる気がない時期の為 考えても実行に移すのがおっくうになりやすいのでまだいいのですが。うつ病は人によって期間が違いますが、リハビリや周りの人間の理解、頑張りすぎない事。自分を責めない事。 ちょっとよくなったからといって、社会復帰は厳しいですね。また何もできない やる気もでない自分に落ち込んだり 焦ったりするのです。リハビリはタイミングをみて始めるのがいいと思います

一人じゃないよ

2012年11月24日 土曜日

私の友人の妹が、もう10年以上もうつ病が続いています。うつ病になる前は、しっかりした妹さんでした。スタイルよくて少し派手なタイプでした。それが次第にうつ病に侵されてきました。原因は失恋。未だに引きずっています。よっぽどつらかったのでしょう。次第に彼女の周りの友達は去っていき一人になってしまいました。私の友人は彼女の姉になりますが、随分大変だったみたいです。24歳の彼女は子供帰りをしてしまいました。両親にべったりになりました。寂しさが大きかったのでしょうね。彼女はとうとう精神科にお世話になることに。彼女は抵抗しました。うつ病でも躁鬱だったので周囲は疲れ果ててしまったんです。薬の投与。少し落ちつきましたがやはりなかなか回復はせず。働きに出ても、すぐ辞めて帰ってくる。孤立するのが怖いみたいです。私が遊びに行くと、嬉しそうに来て話をしてくれます。彼女の話を同調しながら、聞いてあげます。とにかく特別扱いではなく普通に話をするようにしています。私は彼女が好きです。見ていて思うのは否定はしないことです。人の気持ちは心に働きかけるので、あまり否定せず、感情を共有することで、孤独感を和らげる事も可能ではないかなと思いました。

うつ病の怖さ

2012年11月6日 火曜日

皆さん「うつ病」は人ごとだと思っていませんか?うつは決して稀な病気ではなく誰でもなりうる可能性があるんですよ。うつ病と言っても症状は軽いのから重い症状まで色々だということです。「何もやる気が出ない」「朝が起きられない・疲れやすい」「気分が落ち込み、仕事も家事も全くできない」などといった症状です。そしてうつ病で怖いのが自殺です。脅かしでもなんでもなく毎年うつ病のせいで精神的に追い詰められ自殺をされる方が多いのです。私は今までうつ病になりやすいタイプの方は気が弱い性格の方と思っていました。でもそれは誤解で気が弱いとか気が強いというのは関係ないそうです。ではどんなタイプの方なんでしょうか?まじめで几帳面、完璧主義で頑張りすぎる方。責任感が強く周りの人に気配りができて面倒見の良い方。このような性格はうつ病を発症する確率が高いそうです。性格を変えるのは難しいことです。でしたら自分の性格を理解したうえでストレス解消法を見つけ気分転換をすることが必要なんです。うつ病は予防やリハビリが大事です、もしご自身がうつ病ではないかと不安に感じたら早急に専門医に受診して下さい。早期治療リハビリをすることで症状を悪化させないようにするのです。リハビリも無理は禁物です。