2011年9月 のアーカイブ

本人のペースを大切に

2011年9月12日 月曜日

うつ病のリハビリにおいて、周りの人たちは本人さんとの接し方に十分配慮する必要があります。うつ病の回復は、本人のペースに合わせ少しずつ改善させていくことが大切です。まず、うつ病の人は、気分が沈んでいることが多く、また自責感、不安や焦りなどを感じていることが多いです。また、疲労感も感じていることから会話も少なく、物事に対する集中力、興味も低くなっています。うつ病の人とは、居心地のよい、気分の落ち着く場所で、ゆったりと話を聞くことがポイントです。さらに、相手との距離、話を聞く位置、聞くペース、聞き方を考えて相手に不安感を与えないように、安心できる環境をつくることに意識しましょう。家族の方や友人など、本人さんと関わりのある方は、早く元気になってもらおうと焦りがちなる場合がありますが、最初にいったように本人のペースを守り、ゆっくりとでも確実にうつ病を改善していくことが大切なのです。長い目で本人さんと付き合っていくことをよく理解して接していきましょう。