2010年5月 のアーカイブ

うつ病の症状 食欲の変化

2010年5月9日 日曜日

うつ病の症状 食欲の変化

うつ病の症状には、様々なものがありますが、その1つに食欲の変化があります。うつ病になると一般的には、食欲がなくなっていきます。食欲がなくなった人は、何を食べても砂を噛んでいるように感じるそうです。また、食べなくてはいけないと思うので、無理やり口に押しこんでいるという訴えも多いようです。このように食欲がなくなることで食べる量も少なくなっていきますので、体重がどんどん落ちていきます。ひどい場合は、一ヵ月に5㎏も体重が減ってしまうこともあります。しかし、逆に、食欲が亢進することもあります。食欲が亢進した場合は、甘いものや特定の食べ物ばかりが食べたくなるといった傾向があるようです。食欲の面からだけでは、うつ病かどうかを判断するには難しいですが、その他にうつの症状がでている場合は、うつ病の可能性が考えられます。