‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

岐阜市の訪問マッサージで介護の手助けを!

2014年6月20日 金曜日
私のおばあちゃんは現在寝たきりの生活を送っています。
何年か前に脳梗塞を発症し、倒れてしまいました。幸い命に別状はなかったのですが、後遺症が残り麻痺が残ってしまいました。それを機に動くことが困難となり、関節も拘縮してしまっています。
拘縮とは、簡単に言うと「関節が固まって動かなくなってしまった状態」のことをいいます。主に肩関節、肘関節、股関節、足関節に多くみられるそうです。
うちのおばあちゃんは特に股関節の拘縮が強く、自宅で介護をしている母親はおむつ交換や着替えにとても苦労していました。私も手伝うことがあるのですが、うまく足が広げられなかったり、思うように体が動かせないため、着替え一つするにもとても時間がかかります。
こんな介護生活をしていたらこちらの体が先に参ってしまいそうだと思いました。
そこで何かいい方法がないかと思い調べてみることにしました。そこで岐阜市で気になったホームページがありました。
それは「訪問マッサージ」という自力では治療院などに通えないうちのおばあちゃんのような患者さんのところにマッサージ師の先生が訪問してマッサージをしてくれるところなのです。
無料体験があるとのことでお願いしてみることにしました。
拘縮の予防や改善を目的として、マッサージと関節可動域訓練をしてもらえるそうです。
まずはマッサージをしてくれました。関節周囲の血行をよくし、硬くなってしまった筋肉を柔らかくするそうです。
私たちも以前から足をマッサージしたりしていたのですが、やはりプロは違いますね。おばあちゃんはとても気持ち良さそうで寝てしまいそうになっていました。マッサージもただ揉むだけでなく擦ったり、軽く押したり、マッサージをする場所によって色々変えてくれていました。
次は、関節可動き訓練をしてくれました。初めてなので軽めにやってくれました。
関節を先生が動かしてくれ、関節の動く範囲を確保してくれました。
先生がおばあちゃんの足を支えながら、おばあちゃんが自分で足を曲げ伸ばしする訓練では、筋力の強化も期待できるとのことでした。
いつも「自分で動けるようになりたい」と言っているおばあちゃん。訪問マッサージをずいぶん気に入ったようなのでおねがいしようと考えています。

岐阜市で介護の手助けをしてくれる訪問マッサージひまわり!

http://hoken28.com/

岐阜市のおじいちゃんが接骨院に通っています。

2014年5月14日 水曜日

岐阜市に住んでいるおじいちゃんと久しぶりに話をしました。

最近畑仕事をしていて腰を痛めてしまって接骨院で治療を受けているとのことでした。

「接骨院は健康保険が効くから助かる」と言っていました。僕はビックリしました。接骨院でも病院と同じように健康保険が使えるなんて知りもしませんでした。

整体やマッサージ屋さんなどと一緒で1回何千円というお金を出していくものだと思っていました。

そこで、なぜ接骨院で健康保険が使えるのか調べてみました。

接骨院で健康保険を使うにはいくつか条件があるようです。

まずは、急性の怪我であることです。骨折、脱臼、捻挫、挫傷(いわゆる肉離れですね。)、打撲に対して健康保険が適用されます。ただし、骨折、脱臼に関しては応急処置以外は医師のきゃかがいるみたいです。よって単なる肩こりや慢性的な腰痛ではかかれないのです。しっかりと怪我をした原因がわかっていないといけないんですね。

つぎに、病院やクリニックで同一の怪我の治療を行っているときは、接骨院での施術には健康保険は使えないようです。

ですから併用した場合は、接骨院での治療費は全額自己負担になりますね。

怪我のつらい痛みを早く治したいからといっていろいろな医療機関で治療をすることはできないんですね。これも知らない事実です。

もし健康保険が使えないとなると、それこそ整体やマッサージ屋さんと同じ金額を払うことになりますね。

接骨院で健康保険を使うにはいろいろ制限があるからめんどくさいと思いましたが、おじいちゃんの一言で考えも変わりました。

「整形外科では長い間待たされたの、治療は電気だけじゃなかなか良くならん。その点、接骨院ではすぐに治療してもらえるし、治療もマッサージやら電気以外の機械も症状に合わせて使ってもらえるから、治療が終わった後は本当に体が楽になる。」とのことでした。

たしかに・・・。やっぱり治療してもらうなら、自分に合った治療をしっかりやってもらいたいですよね。

僕はバスケットをするためよく怪我をします。今度おじいちゃんの通っている接骨院で治療してもらおうかな!

岐阜市でお勧めの田原接骨鍼灸院!

http://www.bo-ne.com/

うつと診断

2013年5月18日 土曜日

職場の容赦ない残業。家庭を持っている女性、子供2人5歳と9歳。旦那さんもいます。朝8時に出勤で夜11時近くに帰宅が毎日続きました。旦那さんは自営業なので、保育園の送り迎えなどはやってくれていました。彼女は仕事終わって帰ってから、洗濯、掃除、ご飯たべて、お風呂入って寝るのは夜中2時すぎ。朝は6時起きがつづきました。限界なんてすぐ来ます。旦那さんも仕事やりながら夜は子供の面倒。旦那さんの姉が毎日夕方から来てくれて、子供達の世話と、夕飯を作りにきていました。そんな中子供2人が、相次いで マイコプラズマ肺炎で入院してしまいました。彼女は泣き出しました。私がすべて悪いんだと。職場で残業は無理だといえず、気持ちとはうらはらに仕事を張り切ってしまう。旦那さんにも怒られ。情緒不安定になってしまい、クリニックでうつと診断されました。責任感が強い彼女なのであまりにも負担が大きかったみたいです。今は休職しています。

高齢者のうつ病

2012年7月4日 水曜日

今、高齢者のうつ病が増えていると聞きました。体が衰えたり、定年を迎えたりして張り合いがなくなってしまう。子供が独立などして離れていく。一人暮らしで親しい友人もなく話し相手がいないという状況が原因なんでしょうか…。そのような老年期の精神疾患のなかで、老年期のうつ病は認知症とならんで多いそうです。また高年齢のうつ病は、もの忘れが入ったり、幻覚や妄想も起こるといわれています。一日中ぼーとしていたりすることもあり、家族などは認知症と勘違いしてしまうこともあるそうです。うつ病と認知症の見分けも難しいらしいので…家族の方はおかしいと思ったら、すぐ医師に相談して下さい。認知症とうつ病の治療法は違うので、勝手に判断しないでください。高齢者のうつ病はとても自殺の危険が高まるそうなので、家族の理解が必要です。孤独感に悩む高齢者の方を助けるには幼稚園児や小学生の子供達とのふれあいが効果的だと言われていますので、その様な機会を増やし孤独感を無くし活気を取り戻すことが大切だと思います!

Hello world!

2010年6月3日 木曜日

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

うつ病の症状 うつ気分

2010年1月9日 土曜日

うつ病の症状 うつ気分 

うつ病には、いくつかの症状があります。気持ちが落ち込んで憂鬱になっているというのもその一つです。「気分が落ち込んでいる」「悲しい」などと思い悩んでしまうといった症状が起こります。これを『うつ気分』といいます。うつ病の人の中には、こうした気持ちを口にしないこともありますが、印象や雰囲気から気付かれることもあります。このようなうつ症状は午前中に強く起こります。午後から夕方へと時間が経過するにあたって改善されることが多いようです。うつ気分を感じている時は、身体に痛みや倦怠感といった不調が現れたり、イライラ感が強くなって怒りっぽくなったりすることがあります。しかし、そういった症状は、その人の性格的なものだと思われることが多く、うつによる症状だと気付かれにくくなることがあります。ですから、うつ気分に気がつくためにはよく注意する必要があります。